きなこ牛乳の大豆イソフラボンの含有量

女性誌でも胸を大きくする方法として、毎日きなこ牛乳を飲むと効果があると特集が組まれてたりするのを見かけます。 情報が発達する昔からきなこ牛乳が胸を大きくする飲み物いう話があるのですが、科学的な根拠があるかどうか調べたところ、上記の表のように大豆イソフラボンの含有量が全食品でトップでした。 おっパイを大きくするのに必要なのは女性ホルモンでそれと類似したイソフラボンの摂取が食べ物としてバストアップになるのは科学的にも認められている内容です。

きなこ牛乳の内、「きな粉」が重要で大豆イソフラボンの含有量が納豆の3倍以上、大豆の2倍の効果があります。 100g当たりになり、きなこは水分を含んでなく軽いものなので、高い数値になっているとも考えられますが、昔からの言い伝えのように実際に効果があるものです。 きなこが摂取できれば良いので牛乳でなくても味噌汁等でも胸を大きくする効果になります。 きなこ牛乳にすれば飲みやすいということで、無理なく毎日続けれるバストアップ方法ということで女性に注目を浴びているのでしょう。
参照元:厚生労働省:大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A


きなこ牛乳を1日どれだけ飲めば胸を大きくするのか

きなこ牛乳の作り方は、牛乳200mlにきなこを「おおさじ1杯」で大豆イソフラボンは16mg相当になる計算です。 大豆イソフラボンは厚労省では1日の上限を75mgに設定されていて、いくらでも飲んでも構わないという食べ物ではないのです。 過剰摂取に関する副作用の報告としては「女性ホルモン異常」「甲状腺」「乳がん」「肌荒れ」などがありますが、明確な基準や根拠が不明な為に、おっパイを大きくするのでも1日75mgで止めておいた方が無難であるとの国の見解です。

1日75mgとなると、きなこ牛乳以外にも大豆関連を食べますので胸を大きくするにしても1日1杯で止めておくのが害がない範囲かと思われます。 バストアップの大豆イソフラボンの摂取量としては、市販の納豆1パックがきなこ2杯と同程度になります。 あくまでも普段の食事で、1日に大豆をあまり摂取してない女性には、きなこ牛乳という手軽な飲み物で胸を大きくすることが出来ますという話なので、納豆が好きで毎食食べているような場合は過剰になるので必要はありません。

バストアップに小学生や中学生や高校生や妊婦はきなこ牛乳は危険です

厚生労働省の大豆イソフラボンについての見解は、実際のところバストアップに危険かどうか不明のところがあり、発達途上の未成年や赤ちゃんを身ごもっている妊婦さんは注意が必要であると警告を出しています。 妊婦さんの場合は本人ではなく生まれてくる赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性が0ではないということです。 小学生や中学生や高校生にとって、飲み物としてきなこ牛乳で胸を大きくする方法は女性ホルモンに影響を及ぼすことになり発育中なのでどのような副作用や被害が出るか不明であると安全性の担保が取れないとされています。 きなこ牛乳でなくても、普通に食事をしていれば十分に栄養を取ることができるので、未成年や妊婦の方は大豆イソフラボンの過剰摂取は控えておきましょう。

そもそも大豆イソフラボンが危険であると言われ始めた発端は、ヨーロッパのイタリアで閉経後の女性に大豆イソフラボンの錠剤を毎日150mg相当飲む臨床試験を行ったところ、高確率で子宮内膜症になったという事実からです。 日本人は95%の人は普段の食事から75mgも取れてないので危険ではなく、おっパイ大きくする方法で過剰摂取の人も食事からでサプリメントや薬からではないので大丈夫であるとの考え方です。 厚生労働省がわざわざ警告している背景としては、胸を大きくする方法として健康食品が過剰摂取になるのを抑えたいからなのです。
詳細記事:大豆イソフラボンは胸を大きくする?乳癌に影響?

普段大豆が足りない方のきなこ牛乳の飲み方

きなこは100g当たり200円でスーパーなどで販売していて1日換算でいうと15円くらいのコストになります。 冷たい牛乳だときなこが溶けないので温めて、更にはちみつを加えると飲みやすくなります。 胸を大きくする飲み物として毎日続けて、きなこ牛乳を飲むにあたり朝よりも就寝前の方がバストアップ効果があります。 ナイトアップブラが流行のように、胸が大きくなるのは夜の時間帯がメインになるので1日1回なら就寝前がお勧めです。 きなこ牛乳は、よくかき混ぜないとザラザラ感が無くならないので飲みにくい、それによって睡眠を阻害してしまうと本末転倒になるので無理なく出来る範囲で試してみましょう。


 胸おっパイを大きくする方法


このページの先頭へ